ヒゲと_その時代を生きるオトコの覚悟とは?

突然で恐縮ですが!世界中にヒゲ男は存在する。中東に行けばみんなこぞって男子はヒゲを蓄える。日本人はヒゲは蓄えず、カネを蓄える。ということはヒゲ脱毛か?それはその土地の文化だろう。中東、イスラム国家ではヒゲがないと大の大人・一人前の男とは見られないという。(イスラム国(isramic state) とうのは存在しないということを前提にします!)

かのイスラム国家においては、ヒゲはオトコの証しなのである。それた中東の国々に駐在する日本の外交官・大使もヒゲを伸ばす!郷に入っては郷に従え、ということ。そこではヒゲがないことは、子ども扱いされてしまうというから、ヒゲは伸ばさなくてはならない・伸ばさないという選択肢はない!ということなのだ。

ビートルズも解散前には、みんなヒゲぼうぼうだった。では日本はどうなのだろうか?大和撫子は草食の日本人男子にはどうやらヒゲは求めてないようだ。向井くん、羽生クン、チャン・グンソクが大好物なのである。

日本人女子の白くてやわらかい肌には、草食系の世界チャンピオン・羽生結弦クンのようなツルツル・スベスベのお肌がいいのだ。とはいうものの、明治の偉人、軍人には立派なヒゲの持ち主が多い、そこは土地の違いもあるが時代的なものもあるようだ。

そしてその時代に即応できること、それが究極のオシャレ!しゃれおつ男子ではないだろうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ