サム・スミス、この時期にゲイであることを公表した_彼を突き動かしたものとは?

グラミーにノミネートされ、この時期まだ新人と呼ばれているこの時期のゲイであることのコンフェッションはどういう意味があるのだろうか?ヒゲもキッチリ剃った面長の顔立ちは母国を同じとする、あのジョン・レノン氏を彷彿とさせる。

クリエイター サム・スミス、ある程度の知名度を経てその自身の実像を語る、と言うことは過去にもありました。なんでこの時期に?というかこの時期だからこその発表では?!とも思われる。

ほぼ全米の州でも同性婚が認められる世の中、ヨーロッパでも同様だ。日本ではまだ2丁目だけの存在感でしかない。しかし日本でもその「生き方」というべき、「自分の性はこうなんだ!」と生まれもっての性と、心の性の不一致がその人の生き方を不安定にしている。日本でもずいぶんとそれをコンフェッションする土壌はできてきている。喜ばしいこと。

その心と身体の性のギャップが本人にとってなにより悲しいし、切ないし、苦しいのであります。それを解放させたときの喜び、解放感、それは何ものにも代えがたいヨロコビ。

「ステイ・ウィズ・ミー」~そばにいてほしい、これも彼の心の叫び!と言ってもいいだろう。アデルの男性版といわれるほどの声量と歌のうまさ、これからしばらくは目が離せそうにないシンガーに間違いはないようですね。

「自然なヒゲにできる」「スピードが速い」など評判の500円脱毛★MEN’S TBC

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ